インスタント食品

レトルト、料理の素、ソース等

混ぜるだけの雑穀ごはん(キッコーマン食品) | うちのごはん

さっそく、ざっと、ざっこく^^キッコーマン食品の「混ぜるだけの雑穀ごはん」炊き込み不要!温かいごはんに入れて、混ぜるだけでできる混ぜごはんの素だ。化学調味料、着色料不使用で、お茶椀多めに1杯分×2回分の量。具材のひじきと、6種類の雑穀(もち麦、もちあわ、はと麦、赤たかきび、もちきび、ごま)などが入る。
袋めん

ヒガシフーズの 長崎 皿うどん(ヒガシマル)ソース味

さぁ、皿の上に、揚げ麺をスタンバイ^^ヒガシマルの「ヒガシフーズの長崎皿うどん」2人前のあんかけスープ付き、細麺の皿うどんだ。たっぷりの野菜と肉、シーフードを炒めて、水で溶かした粉末スープをからめる。とろみがいい感じのあんかけになったところで、麺にかけて出来上がり。余りがちな野菜をいっぱい入れちゃえばいいと思う。おいしい皿うどんが手軽に楽しめる。
袋めん

グルテンフリー シンガポール ビーフン カレー風味(ケンミン食品)

シンガポールに行った時、ホーカー(屋台、フードコート)が豊富なので、ちょっとコーフンして^^ビーフンを食べたのを覚えている。ケンミン食品の「グルテンフリーシンガポールビーフンカレー風味」フライパンで、簡単に調理ができるビーフンの袋めんだ。グルテンフリーとは、麦類に含まれるグルテンを控える食事のことを言う。野菜や肉を炒めて、ビーフンと水を入れ4分加熱。液体ソースをからめるだけで、あっという間に出来上がり。
カップめん

やってみそ?ヌードル 1992年(日清食品) | 懐かしワードを探せ

みそカップヌードルでも食うか…。イヤちゃう…。日清食品の「やってみそ?ヌードル1992年」だ^^。「カップヌードル1000億円記念パッケージ」のうちの一つで、いつもどおりのカップヌードルの味で安心した。発売から49年、カップヌードルが年間売上1000億を達成した感謝の気持ちを込めて、一緒にあの頃にタイムスリップできるようなパッケージを作ったという。そう言えば、自分でも「やってみそ?」と言うてたなぁ。今でも、年に3回位、言うてる気がする。懐かしワードは、全部で60種類もデザインしているってことに驚いた。
袋めん

ご褒美ラ王 豆乳の担々麺(日清食品) | 幸せの濃厚リッチラーメン

「幸せの濃厚リッチラーメン」というキャッチコピーと写真に惹かれ、ハッピーでリッチな気分になりたいと思った(^o^)日清食品の「ご褒美ラ王豆乳の担々麺」。ごまとナッツのクリーミー仕立てで、コク深い味わいの大豆イソフラボン入り豆乳ベースのスープと全粒粉入りノンフライ麺で、なめらかな食感が特徴の担々麺だ。
スープ、ポタージュ、味噌汁

冷製コーンポタージュ(アスザックフーズ) | 北海道産コーン使用

少し興奮して冷静になれなかった^^アスザックフーズの「冷製コーンポタージュ」なぜ冷静になれなかったというと、フリーズドライのかたまりを、冷たい牛乳でも簡単に溶くことができて、コーンポタージュができちゃったから。フリーズドライって、お湯で溶かすイメージしかなかったし…。
レトルト、料理の素、ソース等

スパイスまぜ麺 スパイスカレー(エスビー食品) | まぜるだけ

パッケージの汁なしのカレーうどん?のような写真に惹かれてしまった、エスビー食品の「スパイスまぜ麺スパイスカレー」茹でたうどんに、スパイシーなカレーソースを混ぜ、仕上げに、麺の上に彩り豊かなスパイスを振りかけて、あっという間に出来上がり。
レトルト、料理の素、ソース等

チーズタッカルビの素 | 辛旨だれとチーズソース

韓国料理の「チーズタッカルビの素」を楽しむぞ。鶏もも肉やキャベツ、玉ねぎなどを炒めて、辛旨だれとチーズソースを混ぜ合わせて出来上がり。
その他

味噌ぶっこみ飯 カップヌードルみそ味(日清食品)

ぶっこみ飯というネーミングと、みそ味じゃなくカップヌードルみそ味に、ぶっとび~^^!日清食品の「味噌ぶっこみ飯カップヌードルみそ味」お湯を入れて5分。シャカシャカしてた乾燥した国産米が、段々ふやけていい感じ…白味噌、赤味噌、麦味噌を合わせた濃厚仕立てのスープに、ごはんと肉、野菜が入った雑炊みたい…。
スープ、ポタージュ、味噌汁

大地が香る キャロット & パンプキン(クノール)

オレンジカラーでお似合いなクノールの「大地が香るキャロット&パンプキン」どんな大地なのか、想像しながら食べた。人参とかぼちゃの甘味とコクがマッチして、トロッとしたおいしいポタージュスープだ。パッケージのイラストのかぼちゃの皮がオレンジ色なのは、パンプキン。日本でよく見る、皮が緑色のものは英語でsquashスクアッシュだ。
レトルト、料理の素、ソース等

あしたのカレー・中辛 | 一条もんこさん監修

テレビ番組の「マツコの知らない世界」で知った、もんこさんの「あしたのカレー」カレー・スパイス料理研究家の「一条もんこさん」が監修しているレトルトカレー(中辛)だ。パッケージは濃い色のカレーだが、実物は黄色いカレー。スパイス感に期待していたが甘めで優しい味だ。国産野菜は嬉しい。
スープ、ポタージュ、味噌汁

焙煎ごまスープ(理研ビタミン) | 1杯に、ごま1000粒

なんと1杯に、ごま1000粒という数字に驚いた理研ビタミンの「焙煎ごまスープ」いりごまの食感と、すりごまの美味しさがつまった乾燥わかめスープ。熱湯を入れて2分で出来上がり…1食分あたり 44kclうきみとスープ部分を合わせて1000粒の焙煎ごま。コクと香ばしさで、おいしい。