あんぽ柿(福島県青果出荷連合会) | 福島名産の干し柿

あんぽ柿

桃栗三年柿八年…何事も時間がかかるなぁ。福島県青果出荷連合会の「あんぽ柿

あんぽ柿は、渋柿の皮をむいて干したもの。硫黄でいぶして乾燥させてできる福島名産の干し柿。

見た目、ドライでも、中は柔らかくて甘く、ジューシーさがあっておいしい。子供の頃、好んで食べなかったけど、歳とってきたら何故か、おいしさが分かるようになった。

「あんぽ柿」の発祥の地は福島県伊達市。名前の由来は「天干し柿」から変化したという…。あまぼし柿→あまぽ柿→あんぽ柿…かな。

天干しや天日で思い浮かぶ昔の言葉「柿が赤くなれば医者は青くなる」それは「天気が良い季節、柿が赤く色づき、病人が減って医者いらず」とも解釈されるが、そのように例えられるのは柿のパワーがあってのこと! また食べたくなってきた、欲し柿 (*’▽’)

名称>あんぽ柿(乾燥果実)  内容量>230g  出荷>福島県青果出荷連合会  製造者>(有)大友商店
Advertisement

Yahoo!ショッピングで「福島のあんぽ柿」を見てみる。

前後の記事