チョコレート、ココア系

チョコレート、チョコレート菓子、準チョコレート、準チョコレート菓子
ココアパウダー系

チョコレート、ココア系

ダーク&ヘーゼルナッツ(ショコラ・フレイ)FREY | スイス

フレー!フレー!スイスのチョコレート^^!フレイ(FREY)の「ダークチョコレート」&「ヘーゼルナッツチョコレート」パキッと折って食べるスティック型のチョコ。フレキシブルに^^かぶりついて食べてもいい。茶色のダークチョコは、72%カカオのチョコで、青い方は、ヘーゼルナッツが入っていて、両方ともおいしい。メーカーのフレイ(Frey)は、1887年創業の会社で、フレイ兄弟が立ち上げた。
チョコレート、ココア系

スティックケーキ チョコ(ル・フレンド) | STICK CAKE

ボーッ(棒)としたケーキがあってもいいね^^ル・フレンドの「スティックケーキチョコ」長さ12㎝で、2㎝角のミニサイズ、要冷蔵のスティック状のチョコケーキだ。土台のクッキーもしっとり、チョコ部分は生チョコのような食感で、ビタースイートでおいしい。
チョコレート、ココア系

わがしちろる「みたらし団子&塩豆大福」(チロルチョコ)

浮世絵の役者が手にしているのは、チロルチョコじゃねーか、てぇへんだぁ^^。チロルチョコの「わがしちろるみたらし団子&塩豆大福」和菓子風のチロルチョコだ。塩豆大福は、塩っぽさと小豆風味をうまく表現しておる。みたらし団子は、中から、みたらしソースがとろーり。チョコの甘さと、みたらしの甘じょっぱさを、混ぜてみたらしい^^。
チョコレート、ココア系

CRUNKYクランキー 胸キュン あの子のはちみつレモン(ロッテ)

胸がキュ~ン!流行語だった「胸キュン」っていう言葉、久しぶりに聞いたよ。ロッテの「クランキー胸キュンあの子のはちみつレモン」「クランキー(CRUNKY)チョコ」の「はちみつレモン味」バージョンだ。「あの子のはちみつレモン」って何だろう…?と思ったら、箱の後ろに思い出話しが小さく書いてあった。このチョコを食べると、部活の練習後に、あの子にもらった「はちみつレモン」と、あの頃を思い出したという…。部活でへとへとになっても、甘酸っぱいおいしさが頑張る力をくれたという…「胸キュン」な思い出や味わいということだ。
チョコレート、ココア系

ROYCE’(ロイズ)生チョコレート オーレ(ロイズコンフェクト)

北海道のお土産で人気の定番チョコ!ロイズコンフェクトの「ロイズ生チョコレートオーレ」ロイズの中で人気No.1の生チョコレート。まろやかな口どけで、とろける~。甘すぎず、オーレは、俺にぴったり^^。要冷蔵で、冷やして食べると、おいしさが際立つ。このチョコをなめながら、毎回、想うことは、ロイズの名前の由来って何だろうと思っちゃう。以前、何度か軽く調べたんだけど、忘れちゃうので、忘備録として書いて覚えようと思った^^。創業者
チョコレート、ココア系

有機ミルクチョコレート BiO LAIT(Casino) | フランス

緑の大きな縦長パッケージが印象的!フランスのスーパーマーケット「Casino」の「有機ミルクチョコレート」フランス語の「Bio」とは「オーガニック=有機」で「LAIT」は「ミルク」という意味。よくある「カフェオーレ」の「レ」だね。オッレー(^o^)/40%カカオのチョコ。日本にはあまりないようなコクのあるテイストでオイシイ。